PAGE TOP

LOCO BEE 英会話ーレストランー

ハワイへ行くけど英会話がちょっと不安…という方に、実践で使える簡単な英語のフレーズをご紹介する

LOCO BEE英会話

 

今回はレストランに行った時のオーダーやお会計の流れと英会話をシーン別にご紹介します。

 

 

まずレストランへ入ったら何名で来たか伝えましょう。

例:

Do you have a table for 2?

(2名ですが席はありますか?)

もっとシンプルな例:

Table for 3, please.

(3名です。お願いします。)

とにかくコミュニケーションが大切なのでシンプルでも伝えましょう。

2 please.

3 please.  

正確な文言を忘れてしまった場合も”please” をつける事で、丁寧な印象になりますね☆

 

 

※お子様がいて、ハイチェアーを用意してほしい時

例:

Can I have a high-chair, please?

High-chair, please?

(ハイチェアを借りてもいいですか?)

 

 

 

席へ案内してもらってしばらくすると担当サーバー(ウェイトレス/ウェイター)がやってきます。

基本的に何を頼むのもこの担当サーバーにお願いをします。

日本のように、通りかかったスタッフに声をかけても快く対応してくれるのとは少しシステムが違いますのでご注意下さい。

また、日本のレストランのように手を挙げて大きな声で店員さんを呼ぶのもアメリカのマナー上あまり好ましくありません。

担当のサーバーが近くを通る時に目や小さなアクションで気づいてもらうようにしましょう。

(中々気づいてもらえないことも多いのですが…)

 

メニューがきたら最初にドリンクに目を通しておくといいかもしれません。

ドリンクを注文して、その後また少し時間をくれると思うのでフードを決めましょう。

 

 

担当サーバーがフードの注文をとりにくるとき、以下のような質問をしてきます

例:

Are ready to order?

(ご注文の準備はできましたか?)

Can I help you?

(何にするか決まりましたか?)

What can I get for you?

(さて何を持ってまいりましょうか?)

きっと雰囲気で、何か聞かれているなぁとわかるかと思いますが念のため頭に入れておくといいかもしれません★

まだ決まってない!という時は、、、

 

例:

Can you give me a minute?

Can we get a few more minutes?

(もう少し時間をください。)

と言ってまだ時間が必要だという旨を伝えましょう。

 

決まったらオーダーします。

I’ll get 〇〇〇.

I would like to get 〇〇〇.⤵︎

Can I get 〇〇〇?⤴︎

(〇〇〇をお願いします。)

などを使ってみてください。

 

※オススメを聞きたい時は、

What do you recommend?

(オススメを教えてください。)

でオッケーです♡

 

食事の途中で

サーバーが何度か様子を伺いに来てくれます。

Is everything ok?

Are you doing ok?

(食事はどうですか?/他に何か要りますか?)

 

この時、特に何もなければ

例:

Good!

(大丈夫です。)

We are doing ok. Thank you.

(私たちは大丈夫です。ありがとう。)

It’s delicious! /It’s great!

(これ美味しいですね!)

などで返事をしてみましょう。

 

食事が終わり、お会計をお願いする時

担当サーバーにチェックを持ってきてもらいます。

例:

Excuse me. Can I have the check, please?

(すいません。お会計お願いします。)

覚えられない場合は

Check, please.

だけでも通じるかと思います。

チェックを持ってきてもらったら、合計を確認します。

 

通常、この合計にだいたい15%~20%のチップを上乗せします。

チップのパーセンテージは基本的にサーバーやスタッフのカスタマーサービス、食事の味やお店の清潔度などを諸々含め決定します。

それほどシリアスなものではないので、私は楽しく満足した食事ができれば18%~20%のチップを払うようにしています。

 

カードで支払う場合は合計を確認後、受け取ったバインダーにカードを挟んで、一度サーバーに預けます。

 

するとサーバーが預けたバインダーの中に、

①元の伝票②カード③カスタマー控え④お店控え

を挟んで持ってきます。

 

ここでカードはお財布にしまってok。

 

④お店控え に合計とチップの金額を記入。

最後に総合計を計算し、記入。バインダーに挟みます。

チップだけキャッシュで払いたいという場合はチップの金額は記入せずにキャッシュをバインダーに挟んで渡してもOK。

 

③カスタマー控えはご自身用です。

これで完了です。

ここまで終わればそのまま席を立ってしまって問題ありません。

 

キャッシュで支払う場合は合計を確認後、受け取ったバインダーにキャッシュを挟んで、サーバーに預けます。

サーバーにバインダーを渡すと、中身を開けずに

Do you need change?

(おつりは要りますか?)

 

と聞いてきます。

 

チップ込みで支払い、お釣りが必要ない場合は

 

No, thank you.

(いいえ、必要ありません。)

No, thank you. It’s all set.

(いいえ、必要ありません。)

 

と答えましょう。

 

お釣りが必要な場合は

Yes, please.

(はい、お願いします。)

と言ってお釣りをもらった後にチップをテーブルに置くなどして支払う方法もあります。

 

お会計が$10、$2をチップで(合計$12)支払いたいけど$20札しかない…という場合は$20を渡して

Give me change for $8, please.

(お釣りは$8ください。)

と言えば$20からお会計分の$10を引いた金額がチップだということが伝わります。

 

レストランとなると入店時、オーダー、お会計…と会話が多いので覚えるのが大変ですが、

何かもらう or オーダーする時はCan I have〜と言う…ということ、それからお会計の流れだけは覚えておくとあたふたせずにお食事を楽しめると思います。

 

旅行前にお時間がある方はぜひ練習してみてくださいね♪

VELTRA

SIMILAR POST

Logo Header Menu
Right Menu Icon
  • 最新記事

  • 検索

    カテゴリー検索

    マップ検索